メラニン色素は、悪いイメージしかない!

In : 未分類, Posted by on

コメントは受け付けていません。

美白や紫外線対策の話をする時、必ずメラニン色素が出てきますよね。メラニンがシミやそばかすの原因になるから、メラニンが生成されることは良くないと思っていました。

だけど、体って基本的に悪いものって作らないと思うんです。メラニン色素も実は、必要なものなんですよ。 メラニン色素は、紫外線などから皮膚を守るという、意外で大切な役割があるんですよ。

紫外線によってできるメラニン色素が表皮に出てきてシミを作ると思っていたのに、紫外線から肌を守っているとは?! 紫外線がなければ、紫外線がそのまま皮膚に入っていき、炎症を起こしてしまったりDNAを破壊してしまうという最悪な状態になってしまうようです。それを防いでくれるのがメラニン色素なんです。

でも、メラニン色素が生成されてしまうとお肌のターンオーバーによって表皮に出てきてシミとしてでてきてしまうので、悪者のイメージだけがついてしまったんですよね。だけど、ターンオーバーによって黒ずみも皮膚から排出される為に皮膚の色は元に戻るそうです。でもシミになるのはターンオーバーの低下によるもののようです。

まず紫外線を皮膚に入れないように対策をし、お肌のターンオーバーを低下させないようにして、肌のくすみ、黒ずみをお肌に残さないようにしましょうね♪

それには、相棒となる美白化粧水選びなどが重要になってくるかなと思います。